高脂血症食事療法の基礎知識

・高脂血症とは・
血液中の脂質にはLDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライドなどがあります。高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症といった血液中の脂質の異常を総称して「脂質異常症」といいます。話題の精力剤LDLコレステロールの値が高い状態が続くと動脈硬化を進展させます。一方で、HDLコレステロールは血管壁にたまった余分なコレステロールを取り出し、動脈硬化の進展をおさえる働きがあります。また、トリグリセライドの値が高い状態が続くと心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを発症する危険性が高まります。脂質異常症に加え、肥満(特に内臓脂肪型肥満)、血糖値や血圧が高めという状態が重なるメタボリックシンドロームは、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患となる危険性がさらに高くなります。

・高脂血症食事療法について・
ペニス増大脂肪分の多い食事をとると、コレステロール値が高くなり、動脈硬化の進行を早めます。具体的には、動物性脂肪である肉や卵などのとり過ぎに注意が必要です。また中性脂肪値は、食事の量自体が多すぎたり、清涼飲料水またはアルコールを飲み過ぎたり、甘いお菓子を食べ過ぎると高くなります。反対に、野菜などに豊富に含まれている食物繊維や魚油、それに豆腐などの大豆製品は、血清脂質値を下げたり、動脈硬化を抑制するように働きます。早い話が、脂質異常症の予防や治療には、洋食よりも和食のほうが適しているということです。また、太り気味の場合は減量が大切です。体重が適正になると、脂質異常症だけでなく、高血圧や糖尿病などの改善効果も得られます。これらの病気はすべて動脈硬化の進行を早くする要因です。減量の効果は血清脂質値の改善だけにとどまらず、全身的に好影響をもたらすところから、とても効率の良い治療法だと言えます。

・控えめにしたい食べ物・
飽和脂肪酸…肉の脂身や皮、バター、チーズ、生クリームなどの乳製品に多い「飽和脂肪酸」は、溶ける温度が高く、常温では固体になる性質があります。このため、体内でも固まりやすく、血液の粘度を高くして、血流を悪くします。また、血液中の悪玉コレステロールも増やします。早漏防止購入コレステロール…鶏卵、魚卵、レバー、鶏肉の皮などには、コレステロールが多く含まれているので、摂り過ぎると血液中や体の組織の中に、余分なコレステロールが溜まってしまいます。糖質、糖質にはいろいろな種類がありますが、甘いお菓子などに含まれる「砂糖」や果物に含まれる「果糖」は、吸収されるのが早く、中性脂肪として合成されやすい性質があります。甘いもの、果物は控えめにしましょう。

・積極的にとりたい食べ物・
食物繊維、海藻類、こんにゃくなどに含まれる「水溶性食物繊維」には、血液中のコレステロール値を低下させる作用があります。きのこ類や野菜、イモ類に豊富な「不溶性食物繊維」には、コレステロール値を低下させる作用はありませんが、繊維が多く、よく噛んで食べるので、満腹感を得やすく、食べ過ぎ防止に役立ちます。不飽和脂肪酸…青魚に豊富な「EPA」「DHA」には血液中の中性脂肪を減らしたり、血栓ができにくくしたりする働きがあります。また、オリーブオイルや菜種油などの食物油に豊富な「オレイン酸」には、善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロールを減らします。大豆たんぱく大豆製品に含まれる良質なたんぱく質には、血液中のコレステロールを減らす作用があります。

・食事指導について・
コレステロールを下げる食品
コレステロールを下げる食べ物とは、「コレステロールを下げる働きをもつ栄養が含まれている食品」と言えるでしょう。コレステロールを下げる栄養には、食物繊維・レシチン・タウリン・ビタミン・DHAなどがあります。なるべくサプリメントではなく、シアリス体験談食品から摂取するように心がけると良いでしょう。
食物繊維を多く含む食品
食物繊維には、血液の中のコレステロールの量を正常化する働きがあり、脂質異常症の予防に効果があります。大豆や穀物、野菜、きのこ、海草に多く含まれ、おから・えんどう豆・納豆・ごぼう・ひじきなどに多く含まれています。
レシチンを多く含む食品
レシチンには肝細胞の働きを活性化し、コレステロール代謝を正常化する効果があります。特に大豆に多く含まれ、ゴマ油、レバー、卵黄、ピーナッツなどに多く含まれています。
タウリンを多く含む食品
タウリンにはコレステロールを下げる働きや血圧を下げる働きがあるため、脂質異常症だけでなく高血圧の予防にも効果的です。魚介類に多く含まれ、カキ(牡蠣)・はまぐり・あさり・タコ・イカなどに多く含まれています。
DHA・EPAを多く含む食品
DPA・EPAには、LDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、血液を固まりにくくしてサラサラにする働きがあります。脂質異常症や動脈硬化の予防に効果的です。DPA・EPAは青魚に多く含まれ、マグロ・サバ・ブリ・アジ・タイなどに多く含まれています。

勃起不全の原因は加齢限りではなく、ストレス、不規則な食事、運動不足、生活習慣病なども勃起不全を引き起こす要因と考えられています。

レビトラにはレビトラ5mg、レビトラ10mg、レビトラ20mgといった三種類があります。レビトラ5mg、レビトラ10mgは2004年6月に発売開始されて、レビトラ20mgは2007年から販売されていました。

人気媚薬紅蜘蛛は山藥、枸杞、甘草、欠實、百合などを贅沢漢方薬に配合したフェロモンの媚薬で、催淫剤シリーズ中では王者と呼ばれる存在です。