高脂血症は一体なんの病気ですか?

人々の生活水準が高くなるにつれて、高血症の発病率も次第に増えている。高脂血症の問題で悩んでいる人びとは多いでしょう。高血症は、例えば、動脈硬化、脳血栓、心筋梗塞などの症状があります。

では、皆さん高脂血症とはがご存知でしょうか?血液の中には、コレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸という4種類の脂質が蛋白質と結びついて”リポ蛋白”という粒子になっています。これらの脂質は異常状態を高脂血症といいます。

それに、皆さんが高脂血の原因は何か知っていますか?遺伝的な体質、肥満、食べすぎ、運動不足、長期の飲酒などが原因ですが、高脂血症の原因と最も深い関係にあるのは食事内容です。さらに運動不足、食事からのカロリーの摂り過ぎ、遺伝による家族性高脂血症、糖尿病や肝臓症など他の病気や薬が引き金となって起こるもの等が原因にあげられます。

高脂血の予防方法はどれですか?

運動療法

酸素をより多く取り込みながら、長い時間続ける有酸素運動が効果的です。ウォーキングなどの適度な有酸素運動を続けることで、HDLコレステロールの濃度を上げることができます。

しかし、運動後に甘いものやアルコールを摂ってしまえば、せっかく消費したエネルギーを元に戻してしまうことになりますので、注意しましょう。

生活習慣の改善

ストレスによってLDLコレステロール値が上がることがわかっています。できるだけストレスを溜め込まないように努力しましょう。また、喫煙はがんや動脈硬化を進行させる別の要因であるため、禁煙すること も大切です。

薬物療法

基本的には、上記の方法を続けることで数値の改善が見込めますが、精一杯努力をしても生活習慣が改善できない、改善しても数値が変わらないという場合は薬を用います。

しかし薬だけに頼るのではなく、運動療法、生活習慣の改善を続けることが必要です。

いろいろな方法があリます。ここでは簡単にいくつか挙げます。高脂血症の原因の多くは生活習慣なので、その改善が第一です。そうでなければ病院に行って医者に相談します。要するに、高脂血の予防と治療が必要です。